弁護士に無料相談しよう

お金交通事故被害にあってしまった場合には、自分1人では心細いものです。もちろん相手の保険会社や自分の保険会社が誠意ある対応をしてくれますが、保険会社を本当に信頼していいのでしょうか。保険会社はなるべく安い示談金で利益を出そうとします。このようなことから、すぐに相手の保険会社の示談金交渉に応じてはいけません。まずは弁護士に相談することで示談金が大きく変わるケースがあります。

そのようなことから示談に入る前に、自分に弁護士をつけておくことをオススメします。保険会社の示談金の支払いが行われる基準と弁護士の基準はまったくの別物になっていて、弁護士基準の方が明らかに高額な金額を提示してくれるといえるでしょう

また弁護士を選ぶ時には交通事故分野に詳しい弁護士に頼むとよいでしょう。弁護士事務所と一言に行っても、浮気問題に強い弁護士や債務整理に強い弁護士など、色々な弁護士事務所があります。交通事故関連にもその分野に強い弁護士事務所があるので、そういったところを頼りにするのがよいでしょう。

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば,保険会社の提示する示談案を十分に検討し,不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく,裁判所基準を前提とした示談交渉を行うため,賠償金の増額が期待できるのです。

弁護士が自分の味方になってくれることによって、交通事故直後の心細い期間の味方になってくれます。また交渉なども弁護士を通して行ってもらうことによって、自分に有利な条件で示談金を受け取ることができます。

絶対に病院に行こう

交通事故被害に遭った場合には、警察に連絡することが大事ですが、交通事故の処理が終わった時に必要なことは病院に通うことです。なんとなく痛い症状やこのくらいなら平気だと感じても絶対に病院に行かなければいけません。

病院怪我をした場合や、怪我をしたかもしれないと感じた場合には病院にいくことが重要です。なかなか事故に遭ったばかりでは身体の痛みに気付きにくいものです。むち打ちの例ですと、数日経過した後に症状が発生する病気もあります。そうなると事故の後にすぐ病院に行かなかったことから、交通事故が原因で起こった痛みなのかを判別することができずに争いが発生するケースがあります。そのようなことから身体がおかしいと思ったらすぐに病院に行くことが重要になるでしょう。

また怪我をしてしまった場合には通院を途中でやめることをしてはいけません。だんだんよくなってきたからという理由から自分の仕事の都合から通院を勝手にやめてしまうと、自分の身体の症状と交通事故の因果関係を証明することが難しくなります。

このようなことから交通事故が原因か、それ以外のことが原因か交通事故の直後には主治医の判断に従い通院しましょう。そしてそれらのカルテが後日、証拠となり相手から治療費を請求できるようになります。最後に弁護士に無料相談をすることについて触れていきます。

交通事故にあったらどうする?

いざ自分が交通事故の被害者になってしまったらどのようにすればいいのでしょうか。交通事故の被害者になった場合にも自分の意識があり、身体が動く場合には冷静に行動することが今後のためにも重要になります。そこで対応を間違えてしまうと後から大変です。

まずは加害者の確認をすることです。加害者の住所や氏名をはじめとして連絡先を交換してもらいましょう。場合によっては免許証を見せてもらい、スマートフォンで写真を撮るかメモを取りましょう。今ではほとんどの携帯電話にカメラ機能がついていることから、事故現場の写真で保存しておくのがオススメです。後から重要な証拠となります。

警察次に警察に連絡をしましょう。警察に連絡しなればいけない理由は事故の手続きをするのに必要な交通事故証明書が作成されないからです。この証明書がないと保険金の請求もできないことから、相手がその場で話し合いやお金で解決しようとしても絶対に同意してはいけません。自分で呼べない場合は周囲の人に警察を読んでもらいましょう。

このように実際に交通事故被害に遭ってしまった場合には冷静になり、警察や救急に連絡をして、その場の状況を写真で収めておくことが大切になります。急いでいるから等の理由で警察を呼ばなかった場合、保険に降りないだけでなく後日後遺症が出た時にお金や障害が認められないケースもあります。続いては、病院に行く理由について触れていきたいと思います。

交通事故被害にあったらするべき行動

もしも自分が交通事故の被害にあってしまったらどのような行動をすればよいか説明出来る人は少ないと言われています。自分の身を守るためにも、自分の財産を守るためにもどのような対応をすれば損をせずに済むのかを知っておくことは非常に大切です。交通事故被害に遭った時の対応の仕方を説明します。

事故まず交通事故被害に遭ってしまった場合は警察に連絡することが大事になります。もしも、ここで警察に連絡せずに当事者同士で示談で済ませてしまうと後から怪我が発覚した場合などに適切な金額を受け取れない恐れがあります。そのようなことから相手が嫌がっても警察に連絡するようにしましょう。

また、交通事故被害に遭ったら病院に行くようにしましょう。軽傷や自然に治ると思っていても後から悪くなるケースがあり、交通事故の被害から時間が経ってしまうと交通事故との関連性がないと判断されてしまう場合があります。このようなことから病院に通い、治療を続けることが重要です。あくまでも自分の判断で通院をやめることはせずに主治医の指示の元、通うようにしましょう。

そして交通事故被害に遭ったら弁護士に相談しましょう。交通事故被害に詳しい弁護士の場合には、自分がこれからどのように動けばいいのか、どのように示談を進めていくか親切に教えてもらうことができます

このサイトでは交通事故にあったらどうするべきか病院にいかなければいけない理由について、慰謝料を増額してもらう方法について解説しています。交通事故被害で苦しんでいる人の参考になれば幸いです。