絶対に病院に行こう

交通事故被害に遭った場合には、警察に連絡することが大事ですが、交通事故の処理が終わった時に必要なことは病院に通うことです。なんとなく痛い症状やこのくらいなら平気だと感じても絶対に病院に行かなければいけません。

病院怪我をした場合や、怪我をしたかもしれないと感じた場合には病院にいくことが重要です。なかなか事故に遭ったばかりでは身体の痛みに気付きにくいものです。むち打ちの例ですと、数日経過した後に症状が発生する病気もあります。そうなると事故の後にすぐ病院に行かなかったことから、交通事故が原因で起こった痛みなのかを判別することができずに争いが発生するケースがあります。そのようなことから身体がおかしいと思ったらすぐに病院に行くことが重要になるでしょう。

また怪我をしてしまった場合には通院を途中でやめることをしてはいけません。だんだんよくなってきたからという理由から自分の仕事の都合から通院を勝手にやめてしまうと、自分の身体の症状と交通事故の因果関係を証明することが難しくなります。

このようなことから交通事故が原因か、それ以外のことが原因か交通事故の直後には主治医の判断に従い通院しましょう。そしてそれらのカルテが後日、証拠となり相手から治療費を請求できるようになります。最後に弁護士に無料相談をすることについて触れていきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket