交通事故にあったらどうする?

いざ自分が交通事故の被害者になってしまったらどのようにすればいいのでしょうか。交通事故の被害者になった場合にも自分の意識があり、身体が動く場合には冷静に行動することが今後のためにも重要になります。

そこで対応を間違えてしまうと後から大変です。まずは加害者の確認をすることです。加害者の住所や氏名をはじめとして連絡先を交換してもらいましょう。場合によっては免許証を見せてもらい、スマートフォンで写真を撮るかメモを取りましょう。

今ではほとんどの携帯電話にカメラ機能がついていることから、事故現場の写真で保存しておくのがオススメです。

後から重要な証拠となります。次に警察に連絡をしましょう。警察に連絡しなればいけない理由は事故の手続きをするのに必要な交通事故証明書が作成されないからです。

この証明書がないと保険金の請求もできないことから、相手がその場で話し合いやお金で解決しようとしても絶対に同意してはいけません。自分で呼べない場合は周囲の人に警察を読んでもらいましょう。このように実際に交通事故被害に遭ってしまった場合には冷静になり、警察や救急に連絡をして、その場の状況を写真で収めておくことが大切になります。

急いでいるから等の理由で警察を呼ばなかった場合、保険に降りないだけでなく後日後遺症が出た時にお金や障害が認められないケースもあります。

続いては、病院に行く理由について触れていきたいと思います。

「弁護士に無料相談しよう」